このページの先頭です
このページの本文へ移動

最終更新日:

2018年1月16日

ページ番号:

633-861-171

サイトメニューここまで

本文ここから

インフルエンザ注意報が発令されました

インフルエンザが流行しています

1月9日に、福井園内全域にインフルエンザ注意報が発令されました。
県内の学校等でも、インフルエンザによる学級閉鎖が増加しています。
大野市内でも、患者数が増加してきており、今後さらに感染が拡大する恐れがあります。
また、高齢者や子ども、妊婦、持病がある方が感染した場合、命に関わる危険性もあります。

インフルエンザの予防方法

(1)人混みを避ける
インフルエンザの主な感染経路は、感染者のくしゃみや咳などに含まれるウイルスが鼻や口に入る飛沫感染と、
ドアノブや手すりなどに触れ、手についたウイルスが口や目などの粘膜に入る接触感染があります。
人が集まる場所では、インフルエンザはもちろん、その他のウイルスにも接触する機会が増えます。
できるだけ人が集まる場に行くことを避けましょう。

(2)手洗い・うがいの徹底
帰宅後、食事前などには、手洗い・うがいを徹底しましょう。
ドアノブやお金など、さまざまな場所にウイルスは付着しています。
また、アルコールによる除菌もインフルエンザウイルスには有効です。

(3)マスクの着用
飛沫感染を予防するために有効です。自分の顔のサイズにあったマスクを選び、
鼻と口をしっかり覆い、顔にフィットするようにつけましょう。

(4)湿度50%以上を保つ
インフルエンザウイルスは、空気が乾燥していると活発に活動します。
湿度を50%以上に保つと、ウイルスの生存率は激減します。
加湿器の利用や、洗濯物を室内に干すなどして、湿度を保ちましょう。

(5)生活習慣を正し、抵抗力をつける
休養とバランスのよい食事で体の抵抗力を高めましょう。
特に睡眠は大切です。質のいい睡眠がとれるよう、環境を整えましょう。

「咳エチケット」を実践しましょう

インフルエンザに感染したり、感染した疑いがある場合、
また、咳やくしゃみが出る時は、他者に感染を広げないために必ずマスクを着用しましょう。

~マスクがない場合~
咳やくしゃみをする時に、ティッシュペーパーなどで口と鼻を覆い、他の人から顔を背けましょう。
押さえる物がない時は、周囲に触れにくい前腕部で押さえましょう。

小さな気配りが大きな感染予防となります。
1人1人が感染予防を行い、感染の拡大を防ぎましょう。

このページのお問い合わせ先

健康長寿課

福井県大野市天神町1-19

電話番号:0779-65-7333

ファクス:0779-66-0294

メールアドレス:kenko@city.fukui-ono.lg.jp




ライフシーンやテーマで探す

  • 妊娠・出産・育児
  • 結婚します
  • 高齢になりました
  • 引越しします
  • お亡くなりになられたときは
  • 雪がふる前に
  • いざというときのために
  • 教育について
  • お仕事について
  • 健康が気になります
  • ごみ・リサイクルについて
  • 生涯学習について
  • 手当・助成について
  • 書式ダウンロード

大野市の施設

大野市の施設一覧

大野市の図書館

大野市の博物館

消防署

関連サイト

福井国体

越前大野観光ガイド

株式会社結のまち越前おおの

電子申請届出サービス

特産品はこちら

農林樂舎

平成大野屋

昇竜

以下フッターです。

大野市役所

住所:〒912-8666 福井県大野市天神町 1-1
電話番号:0779-66-1111
メールアドレス: yamabiko@city.fukui-ono.lg.jp