このページの先頭です
このページの本文へ移動

最終更新日:

2020年1月9日

ページ番号:

450-937-032

サイトメニューここまで

本文ここから

COCONOアートプレイス企画展「キムラリサブロー展 NYアトリエよりll」

「都市の構造と崩壊」から読み解くメッセージ 2020

リサの愛称で親しまれたキムラリサブロー(木村利三郎 1924-2014)の展覧会を昨年度に引き続き開催します。
昨年5月、リサブローの弟である木村秀夫氏より寄贈された25点を一挙展示します。
リサブローは世界中から芸術家が集まるニューヨークマンハッタンにアトリエを構え、「都市の構造と崩壊」をテーマに一貫した作品を創り続けた画家です。
幾何学的な線と面による緻密な構図と鮮やかな色彩、独自の装飾性などを見ていただくとともに、生涯の最後まで再生への理想と希望を捨てず、未来を創造し続けたリサブローのメッセージを感じ取っていただけたらと思います。

リサブローと大野とのつながり

キムラリサブローは幾度となく大野市を訪れており、市民有志による展覧会は実に5回も行われています。展覧会の度に大野を訪れ、人懐っこい笑顔とバイタリティあふれる行動で人々を魅了し、ファンを増やしていきました。
リサブローも、瑛九や靉嘔、池田満寿夫と同じように、美術評論家の久保貞次郎(1909~1996)との交流を通じて創造美育運動に参加し、小コレクター運動にも参画しました。久保貞次郎の示唆と激励によって道を切り拓いていった画家の一人と言えます。
1964年に渡米したリサブローですが、その前年、勝山市で行われた日本小コレクターの会の帰りに大野へ来たことがきっかけで、大野とのつながりが生まれました。渡米後も、横浜や京都での個展に合わせ、大野市での展覧会が企画されました。2002年には、大野のまちを描いた作品「ふるさと」を制作しています。

開催期間

2020年1月18日(土曜日)から3月29日(日曜日)まで

展示場所

COCONOアートプレイス 蔵ギャラリー

観覧料

大人 200円
中学生以下 無料

瑛九や池田満寿夫など「小コレクター運動」により市民が所有した貴重な絵画を展示している、オモヤギャラリーも見ることができます。

このページのお問い合わせ先

生涯学習課

大野市城町9-1 学びの里「めいりん」内

電話番号:0779-65-5590

ファクス:0779-66-2885

メールアドレス:shogaigakushu@city.fukui-ono.lg.jp


サブナビゲーションここから

イベント情報

  • COCONOアートプレイス企画展「キムラリサブロー展 NYアトリエよりll」
サブナビゲーションここまで


ライフシーンやテーマで探す

  • 妊娠・出産・育児
  • 結婚します
  • 高齢になりました
  • 引越しします
  • お亡くなりになられたときは
  • 雪がふる前に
  • いざというときのために
  • 教育について
  • お仕事について
  • 健康が気になります
  • ごみ・リサイクルについて
  • 生涯学習について
  • 手当・助成について
  • 書式ダウンロード

大野市の施設

大野市の施設一覧

大野市の図書館

大野市の博物館

消防署

関連サイト

越前大野観光ガイド

株式会社結のまち越前おおの

電子申請届出サービス

大野市産直の会

特産品はこちら

農林樂舎

平成大野屋

昇竜

以下フッターです。

大野市役所

〒912-8666 福井県大野市天神町 1-1
電話番号:0779-66-1111
受付時間:午前8時30分から午後5時15分
市へのご意見・ご提案