[ここから本文内容]

親等と新婚夫婦の同居にかかる住宅リフォームを支援します

結の故郷越前おおの新婚世帯同居住宅リフォーム支援事業

 大野市では、新婚世帯の同居支援及び定住促進を図るとともにバランスのとれた世帯構成を確保するため、親等(父母、祖父母)と同居する住宅のリフォーム工事に対し、一部補助を行います。
※新婚世帯:市内で親等と同居している又は同居予定の夫婦(補助金交付申請時に婚姻届出後1年以内)が属する世帯及び市内で親等と同居している又は同居予定の婚姻予定者(補助金交付申請後、1年以内に婚姻届出する者)が属する世帯

※必ず工事着手前にご相談ください。(工事着手されている方は、補助対象外となります。)

補助対象者

  •  新婚世帯に属し、住宅をリフォームする者であること
  •  同居予定者を含む世帯構成員全員の前年の所得金額の合計額が1,200万円以下であること
  •  世帯構成員全員が大野市税を滞納していないこと
  •  過去に市同様の趣旨により行われた補助制度の補助をうけていない者であること
     

補助対象住宅

  •  補助対象者が所有し、居住する市内所在の住宅であること 
  •  建築基準法その他関係法令の基準を満たしていること
  •  昭和56年5月31日以前に建築され、又は着工された住宅については、大野市木造住宅耐震改修促進事業補助金交付要綱第5条で定める補助の対象となる耐震改修工事等の要件を満たし、又は同等の耐震基準に適合していること。ただしリフォーム工事後に耐震基準に適合していることが証明できる場合を除く
     

補助対象リフォーム工事

  •  対象工事に要する費用が50万円以上であること
  •  市内の業者(市内に主となる事業所若しくは本店を有する法人又は個人事業者)が施工すること
  •  補助の交付対象となる工事に着手していないこと
  •  補助金の交付申請をする年度の3月末日までに完了すること  
  •  交付申請した年度の3月末日までに完了すること

補助対象とならないリフォーム工事

 1.公共事業の施行に伴う補償費の対象となる工事
 2.敷地造成、門、塀、造園等の外構工事→ 住宅ではないので対象外
 3.家具、家電製品その他の物品の購入に要した費用
 4.国、県及び市の同様の補助制度の対象となる場合は、当該補助制度に係る工事の全部又は一部
 5.市長が補助金の交付を不適当と認める工事


 

補助金額

 補助対象となるリフォーム工事に要する額の1/3に相当する額(千円未満は切り捨て)を補助。ただし、補助金額の上限は50万円
 

補助交付申請受付期間

 平成26年4月1日から平成29年3月31日まで(各年度とも予算の範囲までとします。)
 

補助金を受け取るまでの流れ

  1. 補助金交付申請(工事着手前)
    交付申請書(様式第1号)及び添付書類(様式第2号第3号等)の提出
     ⇒市は提出された書類を確認して補助金額の決定し通知する。
  2. 交付変更申請(工事期間中、申請内容に変更があった場合) 
    計画変更申請書(様式第5号)を提出
      ⇒市は提出された書類を確認して変更を承認し通知する。
    補助事業を辞退したい場合は、交付辞退届(様式第7号)を提出
      ⇒市は提出された書類を確認して受理する。
  3. 完了実績報告(工事完了後)
    完了実績報告書(様式第8号)の提出
      ⇒書類を審査して受理する。
  4. 補助金交付請求(完了実績報告書の受理後)
    交付請求書(様式第9号)の提出
     ⇒市は、交付請求書を基に補助金の口座振込手続をする
  5. 補助金の振り込み 請求日から1カ月以内に、指定の口座に補助金が振り込まれる。

            

(参考例)補助対象工事

 1.屋根の葺替・塗装、外壁の張替・塗装など 
 2.部屋の新設・間仕切りの変更 
 3.壁紙や床の張替などの内装工事(畳の取替え含む) 
 4.窓ガラスの取付・交換(断熱改修など) 
 5.室内の建具等の交換 
 6.外壁、屋根、天井の断熱化工事 
 7.風呂、台所、トイレ等の水回り改修 
 8.トイレの水洗化工事 
 9.給湯設備機器の設置 
 10.住宅に付随するバルコニー、ベランダ、テラスの設置工事  

このページのお問い合わせ先

建築営繕課
住所:福井県大野市天神町1-1
電話番号:0779-64-4815
FAX番号:0779-66-1118
メール:kenchiku@city.fukui-ono.lg.jp
2014年4月1日

アンケート

この内容はお役に立ちましたか?

関連リンク