[ここから本文内容]

武家屋敷旧内山家

施設紹介

 天保13年(1842)、大野藩主土井利忠は行き詰まった藩財政を立て直すため、「更始の令」と呼ばれる改革令を出しました。内山七郎右衛門良休・隆佐良隆兄弟はこの時から始まった藩政改革に尽力し、殖産興業・人材育成など各種の事業で成果を上げました。
 七郎右衛門は特に、藩営商店の「大野屋」を開設、銅山経営など経済面で手腕を発揮し、多額の借財に苦しんでいた藩財政を立て直しました。万延元年(1860)、家老職に就きました。
 隆佐は蝦夷地開拓の推進、洋式帆船「大野丸」の建造、蘭学の振興、軍備の刷新等を行いました。文久3年(1863)、家老職と軍事総督を命じられましたが、家老職を辞退しています。翌元治元年(1864)、52歳で病気のため亡くなりました。
 七郎右衛門は、廃藩後も士族の救済を図るなど活躍し、明治14年(1881)、75歳で亡くなりました。
 武家屋敷旧内山家は、2人の遺業を偲ぶため、後の内山家の屋敷を解体復元し、保存したものです。
 母屋は明治15年(1882)ごろ建てられました。1階は座敷・仏間・1間間口の式台のある次の間(それぞれ8畳間)、6畳間、ニワ(玄関)、4畳間、台所があります。2階は段差をつけた10畳間2室と2畳間、物置があります。屋根は現在は瓦葺きですが、元は板葺きだったことが復元修理の段階で判明しました。
 母屋と渡り廊下で繋がれている離れは、大正時代に建てられたもので、切妻造り平屋建ての数奇屋風書院です。
 門の脇には味噌蔵、南西端に米蔵、その北に隣接して衣装蔵があります。衣装蔵と米蔵は頬杖で軒先を支えた、この地方独特の造りです。

武家屋敷旧内山家 外観写真

ご利用案内

【開館時間】
 (平日) 午前9時~午後4時
 (日曜・祝日) 午前9時~午後5時

【休館日】
 年末年始(12月27日~1月4日)
 館内整理の期間

【入館料】
 大人 200円(30名以上の団体:100円)
 小人 無料(中学生以下)

【呈茶のご案内】
 武家屋敷旧内山家では、抹茶を楽しんでいただけます。
 詳しい情報は、こちらをご覧ください。

【施設見学に関するお問い合わせ先】
 〒912-0084 福井県大野市城町10-7
 TEL・FAX 0779-65-6122

 

 ※ここをクリックすると、大野市博物館のトップページに戻ります。
 

場所情報

このページのお問い合わせ先

  大野市博物館
住所:福井県大野市天神町2番4号
電話番号:0779-65-5520
FAX番号:0779-65-5520
メール:hakubutsukan@city.fukui-ono.lg.jp
2008年9月9日

アンケート

この内容はお役に立ちましたか?