このページの先頭です
このページの本文へ移動

最終更新日:

2008年6月16日

ページ番号:

421-569-361

サイトメニューここまで

本文ここから

環境にも優しい越美北線の利用を・・・

 忙しく過ごしているうちに、早くも6月も半ばとなり、山や木々の緑も深くなり、青葉の季節となりました。

 さて、福井豪雨で被災した越美北線が全線で運転を再開してから今月末で一年になりますが、この一年の越美北線の利用状況を見てみますと、被災により落ち込んでいた乗客は回復基調にはあるものの、まだ被災前までには戻っておりません。
 そこで、これまでも「乗って残そう」を合言葉に、市民の定期券・回数券購入には補助を、越美北線利用の観光客にはクーポン券を配布するなどの利用促進事業を展開してまいりましたが、本年度からは、従来の促進事業に加えて、スタンプカード制度も始めました。

 また、本市から福井方面に車で通勤する市民の方に、通勤手段をマイカーから越美北線に切り替えていただこうと、5月23日、29日には初めて通勤時間帯に街頭啓発活動を行いました。

 更に、県などと協力し、通勤定期券利用者が夜間の路線バスに格安で乗ることができる連携事業も今月13日からスタートいたしました。このことにより、越美北線の最終便の時間が早いため、定期券の購入を躊躇していた方に、マイカーから越美北線に交通手段を切り替えていただけるものと期待をしているところであります。

 私は、沿線住民の日常生活や経済活動を支える越美北線は、大野市にとってかけがえのない財産であり、末永く存続させていかなければならないとの思いから、市長就任時より「県外出張時の大野・福井間の交通手段は原則越美北線」と心に決め実行してまいりました。この間には車窓に広がる風景をゆっくり楽しむことにより、越美北線から見る四季折々の風景の素晴らしさを再認識するとともに、自動車の交通量を減らし二酸化炭素の排出量を削減する観点からも、軌道を使った公共交通は今後その良さがあらためて見直されると思ってきました。
 そうしましたところ、最近読んだ雑誌に、車の交通量が増えることは環境への負荷が大きくなることから、次世代にも関わる世界的な問題であり、海外では鉄道の大復権がはじまった、といった記事が載っておりました。

 近年環境保護は地球規模で問題となっておりますが、『越美北線を利用することは環境に優しく、また将来にわたり鉄道を残すことは、環境を守る上からも意義あること』と考えていただき、市民の方はもちろんのこと、大野市を訪れる方々にも大いに越美北線を利用していただきたいと考えております。

大野市長 岡田 高大

街頭啓発活動
街頭啓発活動

このページのお問い合わせ先

秘書広報室

福井県大野市天神町1-1

電話番号:0779-64-4825

ファクス:0779-65-8371

メールアドレス:hisyo@city.fukui-ono.lg.jp


サブナビゲーションここから

市長のメッセージ

サブナビゲーションここまで


ライフシーンやテーマで探す

  • 妊娠・出産・育児
  • 結婚します
  • 高齢になりました
  • 引越しします
  • お亡くなりになられたときは
  • 雪がふる前に
  • いざというときのために
  • 教育について
  • お仕事について
  • 健康が気になります
  • ごみ・リサイクルについて
  • 生涯学習について
  • 手当・助成について
  • 書式ダウンロード

大野市の施設

大野市の施設一覧

大野市の図書館

大野市の博物館

消防署

関連サイト

福井国体

越前大野観光ガイド

株式会社結のまち越前おおの

電子申請届出サービス

特産品はこちら

農林樂舎

平成大野屋

昇竜

以下フッターです。

大野市役所

住所:〒912-8666 福井県大野市天神町 1-1
電話番号:0779-66-1111
メールアドレス: yamabiko@city.fukui-ono.lg.jp