このページの先頭です
このページの本文へ移動

最終更新日:

2008年8月13日

ページ番号:

627-435-509

サイトメニューここまで

本文ここから

災害への備え ―自主防災組織結成の促進―

 立秋は過ぎましたが、厳しい残暑が続いています。
 地球温暖化の影響か、気象庁の分析によりますと、猛暑日や熱帯夜はこの70年の間で1.5倍に増えているとのことです。

 先月26日、27日に本市において開催しました、国土交通省及び林野庁主催の「森と湖に親しむ旬間」全国行事では、地球温暖化や自然災害の抑止などに果たす森林の効果等、森林資源の重要性への理解と関心を高めていただくとともに、豊かな森林環境、水環境など本市の魅力を広く紹介いたしました。
 ただ、残念なことに27日午後には突風が吹き行事を中止せざるを得ませんでしたが、最近の急激な積乱雲の発達による狭い地域での気象の変化は、気象庁でも予測が困難なようです。これも地球温暖化の影響でしょうか。
 温暖化が進むと無降水の日が増え、雨は、降れば土砂降りといったようにまとまって降るようになると言われており、猛烈な雨は今後も増えるに違いありません。今夏も各地で集中豪雨、川の氾濫、鉄砲水により、尊い命が失われる等の大きな被害・影響が出ておりますが、近年こうした局地的な強い雨による被害が目立つようになってきたと思っております。

 自然災害の報道に接するたびに人間の無力さを感じると同時に、災害に対しては、常日頃からの備えが極めて重要であり、備えがあるのとないのでは大きく違ってくると考えております。
 6月には、土砂災害全国統一防災訓練を実施しましたが、今月末の8月31日には、これまで実施していました水防訓練の規模を拡大し、自主防災組織や地域住民等が参加する大野市総合防災訓練を実施する予定でおります。こういった訓練を実施することにより、市職員はもとより関係機関や消防団、地域住民の災害時の迅速かつ的確な対応方法を確認すると共に、災害に対しての日頃からの備えの重要性を認識するきっかけになると考えております。
 また、大規模な災害が発生すると行政による対応のみでは被災者の救助活動等には限界がありますので、自然災害が多発している現在、まず地域における住民自身の相互の防災活動体制を整えることが必要だと考えております。そのようなことから、昨年より自主防災組織の結成を促進しておりますが、現在組織化されている行政区は、率としては決して十分な状況とはいえないのが実情です。そこで、職員に対し、居住する地区において組織結成のために積極的に参画するように促し、現在、地域住民に積極的に働きかけ組織化を目指す取り組みを進めておりますので、本年度中には40%の組織化を達成することができたらと思っております。

大野市長 岡田 高大

森と湖に親しむつどい2008九頭竜・麻那姫湖サマーフェスタ
森と湖に親しむつどい2008九頭竜・麻那姫湖サマーフェスタ

このページのお問い合わせ先

秘書広報室

福井県大野市天神町1-1

電話番号:0779-64-4825

ファクス:0779-65-8371

メールアドレス:hisyo@city.fukui-ono.lg.jp


サブナビゲーションここから

市長のメッセージ

サブナビゲーションここまで


ライフシーンやテーマで探す

  • 妊娠・出産・育児
  • 結婚します
  • 高齢になりました
  • 引越しします
  • お亡くなりになられたときは
  • 雪がふる前に
  • いざというときのために
  • 教育について
  • お仕事について
  • 健康が気になります
  • ごみ・リサイクルについて
  • 生涯学習について
  • 手当・助成について
  • 書式ダウンロード

大野市の施設

大野市の施設一覧

大野市の図書館

大野市の博物館

消防署

関連サイト

福井国体

越前大野観光ガイド

株式会社結のまち越前おおの

電子申請届出サービス

特産品はこちら

農林樂舎

平成大野屋

昇竜

以下フッターです。

大野市役所

住所:〒912-8666 福井県大野市天神町 1-1
電話番号:0779-66-1111
メールアドレス: yamabiko@city.fukui-ono.lg.jp