このページの先頭です
このページの本文へ移動

最終更新日:

2008年12月17日

ページ番号:

560-681-738

サイトメニューここまで

本文ここから

平成20年を振り返って

 早いもので、今年も残りわずかとなってまいりました。先日、年末恒例となりました今年を表す漢字に「変」が選ばれたとの発表がありました。日本の首相の交代やオバマ次期大統領の「チェンジ」、世界金融危機といった内外の政治や経済の変化、食の安全に対する意識の変化や世界規模の気象異変など良くも悪くも変化の多かった一年を象徴しているといったことから選ばれたようであります。

 今年一年間を通して政治等の変化により翻弄された出来事は種々ありますが、多くの地方自治体が影響を受け続けているものの一つが道路行政だと感じております。
実際、今年の大野市における「変」として、まず私の頭に浮かぶことは、中部縦貫自動車道(大野油坂道路)が、昨年末に国の道路整備の中期計画に真に必要な道路として盛り込まれ、20年度中に事業化路線として扱っていただけるようになるといったことも耳にするほど明るい光が見えていたのに、国において道路特定財源を巡る論戦が続く中、4月に暫定税率の期限が切れ、あと一歩のところまできていながらハードルを越えることができなかったことであります。大変残念で口惜しい思いで一杯でありましたが、この一年間は、真に必要な道路は、国が必ず造ってくれると信じて要請活動等に取り組んでまいりました。
 現在は、国土交通省の、11月に下方修正した交通需要予測を踏まえて道路整備中期計画を見直し、年内に道路整備中期計画の下に「地方版計画」をまとめるとの発表を受け、中部縦貫自動車道の早期整備と財源の確保に向け11月21日には知事や沿線首長らと、12月3~4日には大野油坂道路整備促進連絡協議会のメンバーと、また昨日(16日)は、大野市議会とともに国の関係機関に要望に出向く等、今が正念場と捉え要請活動に精力的に取り組んでおります。

 中部縦貫自動車道のように残念な「変」はありましたが、策定を進めてきました「大野市中心市街地活性化基本計画」が7月に内閣総理大臣の認定を受けましたし、「越前おおの・阪谷有機の里づくり推進協議会」の事業計画が、農林水産省の有機農業総合支援対策事業のモデル地域として、北陸で唯一採択されるといったような、今後の大野市が素晴らしい方向へ変わっていく契機となる大変喜ばしい出来事もありました。

 地方の小さな自治体までもがその影響を受けている経済危機は、今後さらに深刻な事態に陥るといったことがマスコミで報じられておりますが、大きくしかも多くの変化のあった一年を振り返り、未来の子どもたちのために今何をやるべきかを常に考え、現実に即したスピード感ある取り組みに努め、いかなる変化にも対応できる柔軟な自治体運営をしなければならないと感じております。

大野市長 岡田 高大

このページのお問い合わせ先

秘書広報室

福井県大野市天神町1-1

電話番号:0779-64-4825

ファクス:0779-65-8371

メールアドレス:hisyo@city.fukui-ono.lg.jp


サブナビゲーションここから

市長のメッセージ

サブナビゲーションここまで


ライフシーンやテーマで探す

  • 妊娠・出産・育児
  • 結婚します
  • 高齢になりました
  • 引越しします
  • お亡くなりになられたときは
  • 雪がふる前に
  • いざというときのために
  • 教育について
  • お仕事について
  • 健康が気になります
  • ごみ・リサイクルについて
  • 生涯学習について
  • 手当・助成について
  • 書式ダウンロード

大野市の施設

大野市の施設一覧

大野市の図書館

大野市の博物館

消防署

関連サイト

福井国体

越前大野観光ガイド

株式会社結のまち越前おおの

電子申請届出サービス

特産品はこちら

農林樂舎

平成大野屋

昇竜

以下フッターです。

大野市役所

住所:〒912-8666 福井県大野市天神町 1-1
電話番号:0779-66-1111
メールアドレス: yamabiko@city.fukui-ono.lg.jp