このページの先頭です
このページの本文へ移動

最終更新日:

2009年2月20日

ページ番号:

556-838-413

サイトメニューここまで

本文ここから

中部縦貫自動車道「大野油坂道路」の早期事業化に向けて

 今冬は、冬型の気圧配置となる日が少なく全国的に2月の積雪は例年に比べ少ないようです。当市も暖かい日が多く2月8日に予定していました市民スキー大会は積雪不足で中止となりましたが、7日・8日と市街地において開催されました「越前おおの冬物語」は、宝慶寺の山より雪を運び込み、なんとか雪見灯ろうを完成させることができ安堵いたしました。

 アウトドアイベントはとかく天候に左右されるものですが、天候ばかりは主催者が頑張っても動かすことのできるものではありません。特に冬期間のイベントは雪を活用した内容のものが多いため、空を眺めやきもきせざる得ないところがあります。

 やきもきすると申しますと、中部縦貫自動車道「大野油坂道路」が、一昨年末に国の道路整備の中期計画に真に必要な道路として盛り込まれ、20年度中には事業化路線として扱っていだけるとの声も聞くほど明るい光が見えていたのに、国会の混乱により道路行政を取り巻く情勢が混沌とした状態のまま今日に至っております。この間も真に必要な道路は国が必ず造ってくれると信じて精力的に要請活動に取り組んでおりますが、国の動向には本当にやきもきさせられております。

 現在、2009年度の国の直轄事業予算は前年度比12%縮減、その配分も不透明なままと、道路整備の遅れている地域にとっては誠に厳しい状況であり、大変な危機感を持っております。そこで、2月10日には県内沿線の首長や議員、地元関係者、県選出の国会議員、そして東京県人会関係者も含め約160人が参加して東京で中部縦貫自動車道の早期整備を求める福井県の総決起大会が開催されました。東京で中部縦貫自動車道をめぐる決起大会を開くのは今回がはじめてであり、大野市からは私を含め市議会や協議会の関係者等多数が参加いたしました。大会では地元代表として、和泉地区のPTA役員をしている女性が、医療、教育面の不安や不便さを例に挙げ、住民にとって「命の道、生活の道、希望の道」であり、大野油坂道路の開通は悲願であると熱く訴えました。大会後には、知事を先頭に福井県関係者と共に国の関係機関へ要請をしてまいりました。また、16日にも金子国土交通大臣に、油坂を挟んで隣接している岐阜県の郡上市長らと共に中部縦貫自動車道「大野油坂道路」の早期事業化等の要請に行ってまいりました。金子大臣への要請は、1週間に2度行ったことになりますが、郡上地区は大臣の地元となるだけに地理にも明るく「一刻も早く何とかしたい」と理解を示してくださいましたので、今後とも精力的に取り組んでいこうと意を強くしているところであります。中部縦貫自動車道「大野油坂道路」の早期事業化に向けては、今が正に正念場でありますので皆様のご支援ご協力をお願いいたします。

大野市長 岡田 高大

中部縦貫自動車道「大野油坂道路」の早期事業化等の要請
中部縦貫自動車道「大野油坂道路」の早期事業化等の要請

このページのお問い合わせ先

秘書広報室

福井県大野市天神町1-1

電話番号:0779-64-4825

ファクス:0779-65-8371

メールアドレス:hisyo@city.fukui-ono.lg.jp


サブナビゲーションここから

市長のメッセージ

サブナビゲーションここまで


ライフシーンやテーマで探す

  • 妊娠・出産・育児
  • 結婚します
  • 高齢になりました
  • 引越しします
  • お亡くなりになられたときは
  • 雪がふる前に
  • いざというときのために
  • 教育について
  • お仕事について
  • 健康が気になります
  • ごみ・リサイクルについて
  • 生涯学習について
  • 手当・助成について
  • 書式ダウンロード

大野市の施設

大野市の施設一覧

大野市の図書館

大野市の博物館

消防署

関連サイト

福井国体

越前大野観光ガイド

株式会社結のまち越前おおの

電子申請届出サービス

特産品はこちら

農林樂舎

平成大野屋

昇竜

以下フッターです。

大野市役所

住所:〒912-8666 福井県大野市天神町 1-1
電話番号:0779-66-1111
メールアドレス: yamabiko@city.fukui-ono.lg.jp