このページの先頭です
このページの本文へ移動

最終更新日:

2011年8月11日

ページ番号:

917-521-826

サイトメニューここまで

本文ここから

「市民力」・「地域力」を生かして

 今年は、平年より15日も早く、7月9日に梅雨明けとなりました。これは、統計開始以来3番目に早いとの事で、これからまだまだ暑い日が続きます。熱中症等にならないよう、こまめに水分や塩分を補給し、体調管理には十分気をつけてください。

 先般、3月に発生しました東日本大震災の被災地である、福島県相馬市を視察してまいりました。この目でしかと確かめておきたく現地に向かいましたが、そこは報道されている以上の、想像を絶する情景でした。撤去はされているものの、未だに津波で押し流された瓦礫が仮置場に山積みされており、海水とヘドロの入り混ざった悪臭が街に漂っており、暑さによる更なる環境悪化が危惧されました。相馬市の立谷市長からは、救援物資玄米100俵6t搬出に対する大野市民および農業関連団体に対する感謝の言葉と「災害発生初動の24時間」の重要性を伝えられました。被災された皆様に、謹んでお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧復興を心から願うものであります。

 8月21日に和泉地区において、大地震による災害により和泉地区が孤立という想定で、大野市総合防災訓練を実施いたしました。万が一の災害発生時には、落ち着いて冷静に慌てず適切な対処ができるように、日頃から訓練しておくことが必要です。参加者のてきぱきとした迅速な動き等、真剣な取り組みがとても印象的であり、東日本大震災等の多発する大規模な自然災害に備え、更なる防災意識を高めるとともに、柔軟に対応できる危機管理体制を構築し、災害に強いまちづくりを進めていかなければならないと意を強くしたところです。

 さて、昨年の430年祭で、自主事業として開催されました「とんちゃん祭り」が、去る7月23日・24日の両日、さらにバージョンアップし「第弐陣」として、市内外から昨年より7,000人多い、延べ25,000人もの来場をいただき、盛大に開催されました。市内の若者たちが「とんちゃんで大野をPRしよう」という気持ちから始まったこのイベントですが、真夏の一大イベントとしてすっかり定着したと感じております。また、同日、市内では、人力車で披露宴会場に向かう「寿応援人力車」が越前こぶし組により初運行されました。新婦の友人によるサプライズ演出で、沿道の市民の方からの祝福もあり、新郎新婦には想い出に残る出来事だったのではないでしょうか。各地区では、昨年に引き続き、地域づくり交付金を活用した特色ある事業が展開されており、これからのまちづくりには欠かせない「市民力」・「地域力」が、少しずつではありますが、一歩一歩着実に動き出していると喜んでおります。

 今後も「元気な大野」の実現を目指すため、越前大野元気プランの施策を着実に推進し、様々な施策に取り組んでまいりたいと考えておりますので、より一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。

大野市長 岡田 高大

福島県相馬市視察
福島県相馬市視察

このページのお問い合わせ先

秘書広報室

福井県大野市天神町1-1

電話番号:0779-64-4825

ファクス:0779-65-8371

メールアドレス:hisyo@city.fukui-ono.lg.jp


サブナビゲーションここから

市長のメッセージ

サブナビゲーションここまで


ライフシーンやテーマで探す

  • 妊娠・出産・育児
  • 結婚します
  • 高齢になりました
  • 引越しします
  • お亡くなりになられたときは
  • 雪がふる前に
  • いざというときのために
  • 教育について
  • お仕事について
  • 健康が気になります
  • ごみ・リサイクルについて
  • 生涯学習について
  • 手当・助成について
  • 書式ダウンロード

大野市の施設

大野市の施設一覧

大野市の図書館

大野市の博物館

消防署

関連サイト

福井国体

越前大野観光ガイド

株式会社結のまち越前おおの

電子申請届出サービス

特産品はこちら

農林樂舎

平成大野屋

昇竜

以下フッターです。

大野市役所

住所:〒912-8666 福井県大野市天神町 1-1
電話番号:0779-66-1111
メールアドレス: yamabiko@city.fukui-ono.lg.jp