このページの先頭です
このページの本文へ移動

最終更新日:

2016年9月29日

ページ番号:

597-854-105

サイトメニューここまで

本文ここから

大野市バイオマスタウン構想

大野市バイオマスタウン構想

市では、合併前の和泉村が策定した「和泉バイオマスタウン構想」を見直し、バイオマスの有効利活用と地域活性化を図る目的で、本市全域を対象とした「大野市バイオマスタウン構想」を策定しました。

バイオマスとは?
生物資源(bio)の量(mass)を表す概念で、一般的には「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」をバイオマスと呼んでいます。

3つの基本方針

第五次大野市総合計画において構想実現のための施策の柱として「人が元気」「産業が元気」「自然が元気」が掲げられています。バイオマスタウンはそのひとつの姿であり、実現にあたっては地域のバイオマスや既存の産業を最大限に活かした取り組みが必要です。
市では、バイオマスタウンの実現に向けた基本方針を定めて、バイオマスタウン形成に取り組んでいきます。

1 地域バイオマスを最大限に活用した“越前おおの型農業”の推進( 産業が元気 )
地域バイオマスの有効活用を通して、本市ならではの有機農業の推進を図ることで、「越前おおの型 食・農業・農村ビジョン」に掲げる“越前おおの型農業”の確立を目指す。

2 木質バイオマスの利活用推進 ( 自然が元気 )
本市は森林資源に恵まれており、木質バイオマスの賦存量が多い。これらの森林資源は、大野盆地の地下水を涵養する役割も担っている。この特色を生かして、林業の活性化も含めたビジネスモデルを構築し、資源(水・緑)の保全と循環の確保を目指す。

3 市民・事業者・行政が協働する持続可能な活動の展開( 人が元気 )
地域バイオマスを循環させることにより、それにかかわる「人の手」のつながりをつくり、市民・事業者・行政が協働する“()”を形成する。さらに、“()”の発展をねらい雇用促進・人材育成に取り組み、持続可能な活動を展開する。

大野市バイオマスタウン構想 全文(PDF)

  ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。表紙(PDF:1,151KB)
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。 本文(PDF:1,151KB)

リンク(参考)


外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。バイオマス情報ヘッドクウォーター(外部サイト)(株式会社東大総研)

  バイオマス利活用推進のための情報拠点。バイオマスについての解説、データ、先進事例
  行政情報、他市のバイオマスタウン構想等

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページのお問い合わせ先

政策局 結の故郷創生室

福井県大野市天神町1-1

電話番号:0779-64-4824

ファクス:0779-65-8371

メールアドレス:yuinokuni@city.fukui-ono.lg.jp




ライフシーンやテーマで探す

  • 妊娠・出産・育児
  • 結婚します
  • 高齢になりました
  • 引越しします
  • お亡くなりになられたときは
  • 雪がふる前に
  • いざというときのために
  • 教育について
  • お仕事について
  • 健康が気になります
  • ごみ・リサイクルについて
  • 生涯学習について
  • 手当・助成について
  • 書式ダウンロード

大野市の施設

大野市の施設一覧

大野市の図書館

大野市の博物館

消防署

関連サイト

福井国体

越前大野観光ガイド

株式会社結のまち越前おおの

電子申請届出サービス

特産品はこちら

農林樂舎

平成大野屋

昇竜

以下フッターです。

大野市役所

住所:〒912-8666 福井県大野市天神町 1-1
電話番号:0779-66-1111
メールアドレス: yamabiko@city.fukui-ono.lg.jp