このページの先頭です
このページの本文へ移動

最終更新日:

2020年7月31日

ページ番号:

955-041-616

サイトメニューここまで

本文ここから

新生児聴覚検査の費用助成のお知らせ

新生児聴覚検査の費用を助成します                              ※令和2年4月より、新生児聴覚検査の費用助成が始まりました

新生児聴覚検査の費用助成について

 新生児聴覚検査は、赤ちゃんが受ける「聞こえの検査」です。難聴の疑いがあるかどうかを調べる簡易検査で、聴覚障害の早期発見のため、生後すぐに分娩実施機関で検査をすることをお勧めしています。子育て世代への支援の充実を図るため、大野市では検査費用を助成します。

対象者

大野市に住民登録のある産婦さんが、令和2年4月1日以降に出産した赤ちゃん
※対象の方には、受診票と助成についてのチラシをお渡ししています。(令和2年3月末までに妊娠届出をされた方には郵送、令和2年4月1日以降に妊娠届出をされた方には窓口で配布)受診票をお持ちであっても、令和2年3月31日以前に出生された方は対象となりませんのでご注意ください。

時期・回数

新生児聴覚検査 1回(初回検査と、初回検査で要検査となった場合はその確認検査を実施)

検査内容

 自動ABR検査(自動聴性脳幹反応検査)またはOAE検査(耳音響放射検査)
※検査は分娩機関に入院中(出生後3日以内)に行われます。検査は痛みを伴わず、赤ちゃんが眠っている間の短時間でできる検査です。
※医療保険適用のものは助成対象となりません。

実施機関

県内の新生児聴覚検査を実施している医療機関、助産所等
※里帰り出産等により、県外で検査をされた場合は、一旦費用をお支払いいただき、後日健康長寿課窓口で助成金申請をお願いします。
《助成金申請で必要なもの》
(1)領収書
(2)新生児聴覚検査受診票
  ※実施した施設で検査内容を記入してもらってください
(3)妊産婦・乳児健康診査等助成金申請書(兼請求書)
 ※窓口で配布、市ホームページからもダウンロード可能
(4)認め印
(5)振込先の分かるもの(通帳など)

受診方法

出産で入院された際、配布された受診票を分娩機関の窓口へお渡しください。

助成額

5,600円
※助成額を超えた場合は、自己負担となります

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページのお問い合わせ先

健康長寿課

福井県大野市天神町1-19

電話番号:0779-65-7333

ファクス:0779-66-0294

メールアドレス:kenko@city.fukui-ono.lg.jp




ライフシーンやテーマで探す

  • 妊娠・出産・育児
  • 結婚します
  • 高齢になりました
  • 引越しします
  • お亡くなりになられたときは
  • 雪がふる前に
  • いざというときのために
  • 教育について
  • お仕事について
  • 健康が気になります
  • ごみ・リサイクルについて
  • 生涯学習について
  • 手当・助成について
  • 書式ダウンロード

大野市の施設

大野市の施設一覧

大野市の図書館

大野市の博物館

消防署

関連サイト

越前大野観光ガイド

株式会社結のまち越前おおの

電子申請届出サービス

大野市産直の会

特産品はこちら

農林樂舎

平成大野屋

昇竜

以下フッターです。

大野市役所

〒912-8666 福井県大野市天神町 1-1
電話番号:0779-66-1111
受付時間:午前8時30分から午後5時15分
市へのご意見・ご提案