このページの先頭です
このページの本文へ移動

最終更新日:

2021年7月21日

ページ番号:

435-113-644

サイトメニューここまで

本文ここから

建物の紹介(明治時代の裁判所(市指定文化財))

建物の歴史 ~福井県内唯一の明治時代の裁判所~

 大野市民俗資料館として使われている建物は、明治22年(1889)に建てられた「大野治安裁判所」(翌年「大野区裁判所」に改称)の一部です。昭和42年(1967)まで裁判所として使われていました。翌年、資料館として利用するために、現在地へ移築されました。明治期の裁判所建物では県内で唯一現存するものであり、大野市の指定文化財です。

民俗資料館 外観

建物の特徴 ~和洋の混在~

 大きな屋根、軒下や正面入口上部の装飾など、一見して和風な印象を与える外観です。
 しかし、中に入ると、高い天井、廊下の両脇に配置された部屋、出入り口に設けられたドア、大きなガラス窓など、室内が明るい、洋風な空間となっています。
 天井が張ってあるため見ることはできませんが、天井裏は歪みに強い洋風の木の組み方(キングポストトラス)で造られています。
 このように和洋が混在する理由は、次のように考えられます。
・和風な外観は、社会的に力をもつ社寺の要素を取り入れることで、新たに生まれた裁判所という存在に権威をもたせるため。
・洋風な内部空間や小屋組は、西洋の技術や制度を積極的に取り入れていた明治という時代性の現れ。

入口上部の装飾

民俗資料館 廊下

このページのお問い合わせ先

博物館

福井県大野市天神町2番4号

電話番号:0779-65-5520

ファクス:0779-65-5520

メールアドレス:hakubutsukan@city.fukui-ono.lg.jp


サブナビゲーションここから

大野市民俗資料館

サブナビゲーションここまで


ライフシーンやテーマで探す

  • 妊娠・出産・育児
  • 結婚します
  • 高齢になりました
  • 引越しします
  • お亡くなりになられたときは
  • 雪がふる前に
  • いざというときのために
  • 教育について
  • お仕事について
  • 健康が気になります
  • ごみ・リサイクルについて
  • 生涯学習について
  • 手当・助成について
  • 書式ダウンロード

大野市の施設

大野市の施設一覧

大野市の図書館

大野市の博物館

消防署

関連サイト

越前大野観光ガイド

電子申請届出サービス

道の駅 九頭竜

道の駅 越前おおの 荒島の郷

特産品はこちら

農林樂舎

平成大野屋

昇竜

以下フッターです。

大野市役所

〒912-8666 福井県大野市天神町 1-1
電話番号:0779-66-1111
受付時間:午前8時30分から午後5時15分
市へのご意見・ご提案