このページの先頭です
このページの本文へ移動

最終更新日:

2022年4月1日

ページ番号:

897-925-752

サイトメニューここまで

本文ここから

越美北線利用促進助成金

越美北線の乗車券を購入された市民の方に助成金を交付しています

助成割合

区分 助成率
基本割合 特別割合
新規申請者 高齢者
4人以上の団体利用 2分の1    
回数券利用 10分の3 10分の4 10分の4
通勤定期券利用 1か月・3か月 10分の2 10分の3  
6ケ月 10分の1 10分の2  
通学定期券利用 1か月・3か月 10分の2    
6ケ月 10分の1    

※10円未満の端数は切り捨てます
※「新規申請者」には、申請日の前日以前3年以内に本補助金の同じ区分の申請を行っていない方が該当します。
 例:令和4年(2022年)4月1日に申請する場合 令和4年(2022年)3月31日~平成31年(2019)4月1日の期間に一度も申請をしていない場合、「新規申請」に該当します。
※通勤定期券の場合、通勤手当を除いた自己負担額に助成率をかけたものを助成額とします。
※次の事項は令和4年4月1日以降を使用開始日とする乗車券等から適用し、同日前を使用開始日とする乗車券等については旧制度のとおりとします。

  • 団体利用の要件緩和(旧制度:5人以上)
  • 回数券の新規申請に対する助成割増(旧制度:いかなる場合も3割助成)
  • 65歳以上の回数券購入に対する助成割増(旧制度:いかなる場合も3割助成)
  • 通学定期券の新規購入者に対する(旧制度:いかなる場合も3ヶ月以下2割・6ヶ月1割)

申請可能期間、持ち物

種類 持ち物 申請期間
団体利用

次のいずれかの書類

  • 越前大野駅で発行される証明書、4人以上の利用者名簿
  • 4人以上の利用者名簿、人数分の乗車券やその領収書(写真やコピーの提示も可とします)

・振込先の預金通帳
(初回申請時のみ)

団体利用日より1年間
回数券

次のいずれかの書類

  • 回数券の表紙
  • 回数券を購入した際の領収書
  • 購入した回数券(11枚揃ったもの)

※上記書類は写真やコピーの提示も可とします。
(65歳以上の方のみ)年齢確認書類

回数券購入日より1年間
通勤・通学定期券 定期券有効期間終了日より1年間

申請方法

交通住宅まちづくり課へお越しいただき「ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。越美北線利用促進助成金申請書兼請求書(ワード:41KB)」で申請してください。
また、通勤定期券利用者の方は、お勤め先から発行された「ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。通勤手当支給額証明書(ワード:22KB)」の提出も必要です。

☆福井県とJR西日本による40億円以上もの費用負担によって、越美北線は平成19年6月30日に全線復旧しました。
越美北線を将来にわたって存続させていくためには、今後の利用状況が大きな鍵となり、沿線市民みんなで利用することが大切です。

※「ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。越美北線利用促進助成金申請書兼請求書(ワード:41KB)」及び「ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。通勤手当支給額証明書(ワード:22KB)」は、交通住宅まちづくり課にあります。
また、こちらからダウンロードすることもできます。

このページのお問い合わせ先

交通住宅まちづくり課

福井県大野市天神町1-1

電話番号:0779-64-4815

ファクス:0779-66-1118

メールアドレス:koutu@city.fukui-ono.lg.jp




ライフシーンやテーマで探す

  • 妊娠・出産・育児
  • 結婚します
  • 高齢になりました
  • 引越しします
  • お亡くなりになられたときは
  • 雪がふる前に
  • いざというときのために
  • 教育について
  • お仕事について
  • 健康が気になります
  • ごみ・リサイクルについて
  • 生涯学習について
  • 手当・助成について
  • 書式ダウンロード

大野市の施設

大野市の施設一覧

大野市の図書館

大野市の博物館

消防署

関連サイト

越前大野観光ガイド

電子申請届出サービス

道の駅 九頭竜

道の駅 越前おおの 荒島の郷

特産品はこちら

農林樂舎

平成大野屋

昇竜

以下フッターです。

大野市役所

〒912-8666 福井県大野市天神町 1-1
電話番号:0779-66-1111
受付時間:午前8時30分から午後5時15分
市へのご意見・ご提案