このページの先頭です
このページの本文へ移動

最終更新日:

2016年10月18日

ページ番号:

395-884-598

サイトメニューここまで

本文ここから

再発見 - 悠久の時を経た越前大野城(第11話)

第11話 大野藩の藩校

明倫館は、大野藩が優秀な人材を育成するために設けた藩校です。大野藩主であった土井利忠が、天保14(1843)年に出した学校創設の令により設けられました。翌年の弘化元(1844)年には、校舎を新築。その際に藩校の名前を「明倫館」と名付けました。場所は、現在の越前おおの結楽座の周辺です。
 「明倫」は、中国の思想家「孟子」の「皆人倫を明らかにする所以(ゆえん)なり」という言葉が語源です。明倫には、人として守り、自分の行うべき道を明らかにするという意味があります。当時、全国の各藩では、藩士教育のため藩校を設け、人材育成などに励んでいました。長州藩の「明倫館」や尾張藩の「明倫堂」など、明倫の名が付いた藩校がいくつかありました。
 大野藩の明倫館では、武士だけではなく、一般家庭の子どもたちも学ぶことができました。学級は、甲乙丙の3つに分けられ、丙科は13歳以下、乙科は15歳以下、甲科はそれを卒業した人が、朱子学や武術を学んでいました。生徒は、明治維新前には200人以上いたといわれます。
 また、大野藩は安政3(1856)年、主に蘭学(オランダ語)を学ぶ洋学館を開設しています。その時に、教師として大坂にあった緒方洪庵の適塾で塾頭を務めた伊藤慎蔵を招きました。このため大野の蘭学研究は盛んになり、九州や四国などから留学する人もいました。藩では、オランダ語の翻訳や専門書の出版などを行うようになりました。
 その後は、種痘の実施や北蝦夷(現在のサハリン)探検、大野丸の建造・航海など、先進的な事業をいくつも行いました。

<< 前の記事   次の記事 >>  バックナンバー一覧に戻る

このページのお問い合わせ先

商工観光振興課

福井県大野市天神町1-1

電話番号:0779-66-1111

メールアドレス:shokokanko@city.fukui-ono.lg.jp




ライフシーンやテーマで探す

  • 妊娠・出産・育児
  • 結婚します
  • 高齢になりました
  • 引越しします
  • お亡くなりになられたときは
  • 雪がふる前に
  • いざというときのために
  • 教育について
  • お仕事について
  • 健康が気になります
  • ごみ・リサイクルについて
  • 生涯学習について
  • 手当・助成について
  • 書式ダウンロード

大野市の施設

大野市の施設一覧

大野市の図書館

大野市の博物館

消防署

関連サイト

福井国体

越前大野観光ガイド

株式会社結のまち越前おおの

電子申請届出サービス

特産品はこちら

農林樂舎

平成大野屋

昇竜

以下フッターです。

大野市役所

住所:〒912-8666 福井県大野市天神町 1-1
電話番号:0779-66-1111
メールアドレス: yamabiko@city.fukui-ono.lg.jp