このページの先頭です
このページの本文へ移動

最終更新日:

2021年2月25日

ページ番号:

856-351-441

サイトメニューここまで

本文ここから

水循環

 水はすべての生命の源であり、絶えず地球を循環し、私たちの生活に多大な恩恵を与え続けてきました。
 ‹しかし、近年、産業構造の変化や地球温暖化に伴う気候変動など、様々な要因が水循環に変化を生じさせたことにより、水を取り巻く多くの課題が顕在化しています。
 そのため、大野市では、これまでの地下水保全の取り組みをさらに一歩進めて、水循環全体の健全化に向けた取り組みを推進していきます。

「健全な水循環のまち」のイメージ
「健全な水循環のまち」のイメージ

1.大野市水循環・湧水文化再生推進連絡協議会

 大野市における健全な水循環の保全と、越前おおの湧水文化再生計画に関する施策の推進について協議します。
協議会の所掌事項は、次のとおりです。

〇大野市における健全な水循環の保全に関する計画の策定に関すること。
〇越前おおの湧水文化再生計画の施策の推進状況の報告に関すること。
〇越前おおの湧水文化再生計画を推進するための施策の検討に関すること。
〇関係行政機関及び関係団体との連絡調整に関すること。
〇その他、施策の推進に必要な事項に関すること。

〇協議会の構成員名簿

令和2年度

日時 場所 内容 結果
第1回

令和2年10月5日(月曜日)午後1時~3時15分

大野市役所 大会議室

(報告事項)令和元年度に実施された水循環に関する主な取組について
(協議事項)大野市水循環基本計画原案(案)について

第1回概要

第2回

令和2年11月20日(金曜日)午後2時~3時40分

大野市役所 大会議室

(協議事項)大野市水循環基本計画原案について

第2回概要

第3回 令和3年2月12日(金曜日)午後1時30分~3時

結とぴあ305・306

(協議事項)大野市水循環基本計画案について
、(仮称)大野市水循環推進連絡協議会の構成(案)について
第3回
概要

〇結果

2.健全な水循環のまち調査研究事業

 大野市では、水循環の解明や可視化を図り、水循環に関する基礎資料の蓄積や水循環の健全化に向けた施策の企画立案等に活用することを目的に、大学などの研究機関と共同で、大野市の水循環系に関する調査研究を実施しています。

〇大学との水循環に関する共同研究

令和2年度
  大学名 研究内容
1 関西大学 大野盆地の地下水性状および賦存量の定量的な把握
2 香川大学 大野市における地下水モニタリングに関する研究
3 岡山大学 大野市の地下水・河川水と地質との関係に関する調査研究
4 日本大学 炭素と硫黄の安定同位体比を用いた大野の地下水の水質形成に関する研究

〇総合地球環境学研究所との連携

 平成28年2月12日に、大野市と総合地球環境学研究所(以下、「地球研」という。)は、交流協定書を締結しました。
 この協定は、大野市の地域活性化と地球環境研究の充実を目的としており、相互に協力し、連携と交流を推進することとしています。
 協定書には、地球研が大野市の環境環境向上に資する活動や教育、文化発展に向けた取り組みに対し協力することなどが記されています。

3.健全な水循環のまち宣言

 平成27年度の12月定例市議会(第396回)において、「大野市健全な水循環のまち宣言」に関する決議が可決されました。
 これは、健全な水循環の維持または回復に向けた取り組みを流域における様々な主体が連携し取り組むことを通じて、水が健全に循環し、そのもたらす恩恵を将来にわたって享受できるよう、議員から提案され全会一致で可決されたものです。

大野市健全な水循環のまち宣言」に関する決議(全文)

 福井県大野市は、日本百名山のひとつ「荒島岳」などの緑豊かな山々に囲まれ、また、名水百選の「御清水」や「本願清水」をはじめとして、至る所から澄んだ水が湧き出る、非常に水が豊かなまちである。平成8年には、国土庁(当時)から「水の郷百選」に選ばれるなど、市民と水の関わりには特に深いものがあり、水と共生する生活様式や水に関わる伝承など、特有の湧水文化を育ててきた。
 大野市においては、平成23年度に「越前おおの湧水文化再生計画」を策定し、この計画に基づき、古くから受け継がれてきた湧水文化を後世に引き継げる環境を創り出すために、国・県・市などの関係機関や団体、市民や企業がそれぞれの役割を担いつつ、水田湛水の普及拡大、真名川ダムの弾力的管理運用等、総合的な取組みを進めてきた。また、平成25年度に「大野市森・水保全条例」を制定し、市の大部分を占める森林を守るために、市・市民・土地所有者・施設設置者等あらゆる関係者が担うべき責務を明らかにし、かけがえのない森と水資源を後世に確実に引き継いでいく取組みを進めてきた。
 国においても、平成26年度に「水循環基本法」を制定し、水循環に関する施策を総合的かつ一体的に推進することにより、健全な水循環を維持・回復していくこととされた。
 大野市において、森林、河川、農地、都市等における水循環の維持・回復の取組みを、流域における様々な主体が連携し取り組むことを通じて、水が健全に循環し、そのもたらす恩恵を将来にわたって享受できるよう、以下の取組みを進めていく。
                     記
1 「越前おおの湧水文化再生計画」に基づく、地下水収支バランスの改善対策、持続可能な地下水の保全と利用の普及啓発と教育、そのための人材育成等の取組みの継続的な推進。
2 大野市が享受している「水みず」の恵みを世界の中で安全な飲料水が不足している地域に還元するための"Carrying Water Project(水への恩返し)"の推進。
3 各種研究機関と連携した地下水のかん養や流動の実態把握のための研究の推進。
4 今後整備を予定している重点道の駅みちのえき「(仮称)結の故郷ゆいのくに」等において、水循環の健全化に向けた取組みを広く利用者に普及啓発するための方策の推進。
5 森林の適正な管理等、地下水かん養に必要な水源を確保するための対策を継続的に実施していくための安定的な財源の確保に向けた取組みの推進。
 大野市議会は、以上の取組みを推進するため、ここに「大野市健全な水循環のまち宣言」をする。
以上、決議する。
            平成27年12月8日
                                福井県大野市議会

4.関連情報

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ




ライフシーンやテーマで探す

  • 妊娠・出産・育児
  • 結婚します
  • 高齢になりました
  • 引越しします
  • お亡くなりになられたときは
  • 雪がふる前に
  • いざというときのために
  • 教育について
  • お仕事について
  • 健康が気になります
  • ごみ・リサイクルについて
  • 生涯学習について
  • 手当・助成について
  • 書式ダウンロード

大野市の施設

大野市の施設一覧

大野市の図書館

大野市の博物館

消防署

関連サイト

越前大野観光ガイド

電子申請届出サービス

道の駅 九頭竜

道の駅 越前おおの 荒島の郷

特産品はこちら

農林樂舎

平成大野屋

昇竜

以下フッターです。

大野市役所

〒912-8666 福井県大野市天神町 1-1
電話番号:0779-66-1111
受付時間:午前8時30分から午後5時15分
市へのご意見・ご提案