このページの先頭です
このページの本文へ移動

最終更新日:

2021年4月14日

ページ番号:

604-252-711

サイトメニューここまで

本文ここから

荒島岳

「日本百名山」に数えられ、山容の美しさから“大野富士”とも呼ばれます。
初夏のシャクナゲ、秋の紅葉も見事です。

冬に登山をされる方へのお願い

登山は、計画段階から無事に帰宅するまで、自己責任において行わなければなりません。
冬山は、急激な気象の変化、吹雪、雪崩など厳しい自然状況下にあります。
十分な装備と雪山に対する知識の習得、経験豊富なガイドを付けるなど、しっかりと準備してください。

冬場は駐車できる台数に限りがあります。
駐車場が満車になった場合は、五箇公民館(JR勝原駅となり)の駐車場をご利用ください。
通行車両や近隣の方の迷惑になるので、絶対に路上駐車をしないようにお願いします。

あらしまだけ

あらしまだけとざんまっぷ

登山ガイド

勝原(かどはら)コース(登り3時間30分、下り2時間30分)

  • 登り口/旧カドハラスキー場、駐車場あり、トイレあり
  • 交通/北陸自動車道福井ICから車で約1時間10分、東海北陸自動車道白鳥ICから車で約50分、JR越美北線勝原駅下車徒歩10分
  • コースガイド/まずはかつてのゲレンデだった急斜面を登る。その後、尾根伝いに進むにつれて見事なブナの原生林につつまれる。連続する木組みの階段を登り、やがて視界が開けるとシャクナゲ平に出る。その先にある「もちがかべ」と呼ばれる滑りやすい急な登りでは、クサリやハシゴが連続するので注意が必要。この登りを越えるとダケカンバが見られるほか、斜面はゆるやかになり、笹原に出ると見晴らしも良くなり、やがて広い山頂にたどり着く。

中出(なかんで)コース(登り3時間40分、下り2時間40分)

  • 登り口/中出集落(大野市蕨生)、駐車場あり、トイレあり
  • 交通/北陸自動車道福井ICから車で約1時間、東海北陸自動車道白鳥ICから車で約1時間
  • コースガイド/なだらかなコースが続きとても歩きやすいコースである。途中標高1,186mの小荒島岳の山頂に行くことができる。小荒島岳との分岐を過ぎるとほどなくしてシャクナゲ平で勝原コースと合流する。

佐開(さびらき)コース(登り3時間30分、下り2時間30分)

  • 登り口/荒島養魚場(大野市佐開)、駐車場なし、トイレなし
  • 交通/北陸自動車道福井ICから車で約1時間、東海北陸自動車道白鳥ICから車で約1時間10分
  • コースガイド/登り口までの作業用林道はかなり道が険しく、4WD車でないと走行が困難。パンクする可能性も充分あり、作業用林道を歩くことになるが、駐車場等も整備されていないためここからの登山は勧められない。
  • 夕方5時30分頃から翌朝まで登り口付近の道路に電気柵が設置されるため、注意が必要

■新しもやまコース(健脚向け、登り4時間40分、下り3時間10分)

  • 登り口/下山池ヶ嶋地区(大野市下山)、駐車場あり(下山地区集会施設)、トイレなし
  • 交通/東海北陸自動車道白鳥ICから車で約40分
  • コースガイド/急な登りが続く健脚向けのコース。途中ロープ等が取り付けられているが滑りやすいため注意が必要である。和泉地区側から登る唯一のコースでもある。

このページのお問い合わせ先

観光交流課

福井県大野市天神町1-1

電話番号:0779-66-1111

メールアドレス:kanko@city.fukui-ono.lg.jp




ライフシーンやテーマで探す

  • 妊娠・出産・育児
  • 結婚します
  • 高齢になりました
  • 引越しします
  • お亡くなりになられたときは
  • 雪がふる前に
  • いざというときのために
  • 教育について
  • お仕事について
  • 健康が気になります
  • ごみ・リサイクルについて
  • 生涯学習について
  • 手当・助成について
  • 書式ダウンロード

大野市の施設

大野市の施設一覧

大野市の図書館

大野市の博物館

消防署

関連サイト

越前大野観光ガイド

電子申請届出サービス

道の駅 九頭竜

道の駅 越前おおの 荒島の郷

特産品はこちら

農林樂舎

平成大野屋

昇竜

以下フッターです。

大野市役所

〒912-8666 福井県大野市天神町 1-1
電話番号:0779-66-1111
受付時間:午前8時30分から午後5時15分
市へのご意見・ご提案